はぐくもう「つなげるちから

さのプログラミング教室

鎮守の森教室

無料体験会実施中!

多段ジャンプ(後編)【Scratch】

ブログ

前回は、空中で何度でもジャンプができる「無限多段ジャンプ」をプログラムしました。

前回の記事はこちら。

今回は、空中でジャンプできる回数を制限するプログラムを組み込みます。

初めに言っておきます。けっこうカンタンです♪

1.変数「ジャンプ回数」を作る

ジャンプ回数を設定したり、空中ジャンプの回数を数えたりするために必要な変数「ジャンプ回数」を作ります。

2.初期値を決める

空中でジャンプできる数を決めます。今回は、「初めのジャンプ+空中で1回ジャンプ可能」にしたいので、ジャンプ回数を「2」にします。空中でもっとジャンプしたい人は、この数を変えましょう。

変数「ジャンプ回数」を2にする。

3.ジャンプの条件を整える。

無限に多段ジャンプができるジャンプの条件は、「スペースキーが押されていない状態でスペースキーを押す」でした。

ジャンプをするたびに、「ジャンプ回数」を一つずつ減らし、ジャンプ回数が0になった時にジャンプできなくすればOKです。

そこで、ジャンプの条件に

「ジャンプ回数」>0

を追加すれば、「ジャンプ回数」が0になったときに条件を満たせなくなる→ジャンプできなくなる、ということになります。

「ジャンプ回数>0」を条件に追加。

4.ジャンプするたびに「ジャンプ回数」を減らす

「ジャンプする」、つまり今回で言えばスペースキーを押すたびに「ジャンプ回数」を1減らすプログラムを入れます。

一番下のブロック。「ジャンプ回数を-1ずつ変える」つまり「ジャンプ回数を1減らす」。

5.地面に着いたら、再びジャンプできるようにする。

さらに、地面に着いたら、ジャンプできるようにします。この処理をしないと、一度ジャンプしてしまえば、2度とジャンプできないということになってしまいます。

このプログラムでは、地面は黒色なので、「黒色に触れた時、「ジャンプ回数」を2にする」というプログラムを追加します。これで回数制限ありの多段ジャンプが完成しました。

もとのプログラムに、「ジャンプ回数を2にする」を追加します。

完成!終わりに

「回数制限ありの多段ジャンプ」プログラム全体

今回はトラブルなく、スムーズに表現できました!

多段ジャンプがしたい時には参考になさってください。

次はどんなプログラムを作ろうかな?
お楽しみに!


さのプログラミング教室は、「はぐくもう!つなげるちから」が合言葉の教室です。
同じ時間のクラスには、5人程度のお子さんが入室しますが、一人一人の興味・進度に合わせた課題を提供しますので、自分のペースで学ぶことができます。学習過程があり、同じスタート地点からスタートしますが、理解度やがんばりに応じて、どんどん次のステップへ進むことができます。


レッスンを無料で体験できます。
LINE公式に入り、「無料体験申込」を
タップしてお申し込みください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: line_test_lesson-300x202.jpg
LINE公式よりお申し込みください
タイトルとURLをコピーしました